こんにちは。ボスコです。

今日久しぶりに遠出をしてきました。その帰り道、糠をGET!!!米袋3袋ですよ~。最近「ご自由に」が増えてなかなかお目にかからないんですよね。今日一番の収穫です。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


今回紹介するのは、ビーツ Detroitです。
ビーツといえばボルシチ。ボルシチといえば赤。というくらい一般的に認識されているのはこのタイプの赤いビーツだと思います。水煮にしたら透明感のある濃い赤色になります。幼葉は飾り用として出荷もされています。
味は甘味と独特の土臭さ(ほうれん草の根のような)があります。サラダやスープ、食品の着色やスムージーなど、結構用途は広いです。特にスムージーはオススメですよ。バナナとビーツと牛乳でとても飲みやすくなります。
水煮にして冷凍しておけば、しばらくは保存できます。

食品の着色ですが、知っている人は知っている鳥取県の「華貴婦人のピンク華麗」というレトルトカレーがあります。その他にも「華貴婦人のピンク醤油」もあるみたいです。その他にも香川のうどん屋さんでピンクのうどんがあったり、我が家はピンクのお餅を作ったりとアイデア次第では使い道がいくらでも出てきそうな夢のある野菜です。

左 ビーツ Detroit
RIMG0036
IMG_6545
右の茎も葉も濃いのがDetroit 左は渦巻き 
IMG_6474
昨年試しに母が作ったビーツのお餅。綺麗なピンク色になります。日が経っても変色はしませんでした。
IMG_0848
ボスコ