I LOVE イタリア野菜!!

過去5年間で栽培した野菜の数200種類以上。撮りに撮り溜めた写真を公開していきます。 毎年新しい野菜に挑戦中!!

カテゴリ:根菜 > 大根

こんにちは。ボスコです。

今回紹介するのは、ゴールデンラディッシュです。
普通のラディッシュと同じか、もう少し大きくなります。黄色い皮に中身は白です。このゴールデンラディッシュ、パッケージの写真は本当に綺麗な黄色ですが、決して騙されてはいけません。実際の色は黄土色に近いと思ってください。じゃないと写真に騙された・・・ということになりますよ。
IMG_0548
ゴールデンラディッシュ
ラディッシュ ゴールデン キャンドルファイヤー
ボスコ

こんにちは。ボスコです。

今回紹介するのは、キャンドルファイヤーラディッシュです。
表皮は赤・中身は白で長さは20cm以上になり、太さは1.5cmまで成長します。若いうちは透き通るような赤で、大きくなるにつれ透明感がなくなってきます。太さが2cm位になったら中にスが入り始めるので気を付けてください。
成長は他のラディッシュに比べて遅いのが難点です。
キャンドルファイヤーラディッシュ
IMG_0547
ボスコ

こんにちは。ボスコです。

5年分10000枚以上の写真の整理がようやく終わりました。
思った以上に、野菜の写真てとってないですね。作業写真メインでした。
う~ん、勿体無い。


今回は、紅くるりを紹介したいと思います。
名前を聞いて、ん?と思った方もいるでしょう。なぜ日本語か?

それは・・・・・・日本の品種だからです!!!

この前紹介したボラ・キング と対でいつも育てているんです。
不思議とこの手の赤い大根が、まだイタリア野菜の種では出てこないんですよ。
知っている方がいらしたら、ぜひ教えてください。待ってます。

この紅くるりは、皮も中も赤いとっても珍しい品種です。
果肉はみずみずしく、歯ごたえもよくとても育てやすいと思います。。
サラダやマリネなどがおすすめです。

IMG_0557


紅くるり

サラダとして 右中側の赤いのが紅くるりです
IMG_0642


紅くるりの種は松永種苗が販売しています。

我が家は大量に作るので、いつもこの大袋を買っています。もちろん小袋もあるので少量欲しい方はそちらをどうぞ。

【ダイコン】紅くるり〔松永交配〕/小袋

価格:432円
(2016/2/7 15:30時点)

松永種苗 紅くるり大根 約20ml詰 【郵送対応】

価格:2,376円
(2016/2/7 15:33時点)




ボスコ





こんにちは。ボスコです。

先程、ちょっと出かけたところ鹿とぶつかりそうになりました。
山道は嫌ですね~。皆さんは気をつけてくださいね。

今回は黒大根の紹介です。
日本でも昔から育てられいる、ある意味メジャーな大根です。
一般的には丸い形の種を売っていますが、イタリアでは長い大根も栽培されています。

引き締まった果肉は歯ごたえも良く、炒めても形がくずれにくいのが特徴です。
もちろん生でもいけます。
調理するときは、皮を向かないでくださいね。せっかくの綺麗な色がなくなってしまいます。


黒丸大根 SPANISH BLACK

IMG_0468


半分に切ったもの

IMG_5257


黒長大根 右はNoir long calluire  左はNoir Gros Long  d Hiver 
左のNoir Gros Long  d Hiverの方がはっきりとした黒でお勧めです。
 
黑長ダイコン

間引いたものはそのままバーニャカウダーに使用が出来ます。
IMG_5422


黒丸大根とゴールデンボール
IMG_0613


VILMORIN社-フランス野菜の種 ラディッシュ・Noir Gros Long d’Hiver

価格:594円
(2016/2/7 15:07時点)

こんばんは、ボスコです。

今日のニュースで、この前の寒波で長崎の露地栽培ビワのうち9割が被害に遭いダメになったそうです。寒冷地住みの我が家では、ビワの木は大きくなっても実がつきません。
霜でやられていたんですね。



今日は、紫色の大根 BOR・KINGを紹介したいと思います。

このボラキングは、皮から中まで紫色というとても綺麗な大根です。最近日本の種苗メーカーからも、中まで紫色の大根が続々と出てきています。
それでも我が家では、いつもこの品種を育てています。
なぜなら、一番最初に出会った衝撃と長年作っている愛着があるからです。

基本生で食べることが多いですが、火を通しても色があまり落ちにくいのではないかと思います。

サラダや、バーニャカウダー、ちょっと目を引く大根おろしにも素敵です。

IMG_5250


その他たくさんの根菜類 地面の下では色鮮やかに育っています。
IMG_6544

このページのトップヘ