I LOVE イタリア野菜!!

過去5年間で栽培した野菜の数200種類以上。撮りに撮り溜めた写真を公開していきます。 毎年新しい野菜に挑戦中!!

カテゴリ:果菜 > キュウリ

こんにちは。ボスコです。

国道54号線を通って島根に行ったんですが、飯南町は雪がすごかったです。路肩のポールがほぼ埋まってました。雪に積もらない地域で暮らしたい・・・


今回紹介するのは、ポテトきゅうりです。little potetoという品種です。
その名のとおりジャガイモのような見た目をしたきゅうりです。あまり面白味がなかった為か1年で栽培をやめた品種です。なお、写真もほとんどありませんでした。


左側奥の茶色いのがポテトきゅうりです。

IMG_7370


ジャガイモのようなキュウイのような何とも言えない見た目ですね・・・

興味のある方は是非どうぞ。

ボスコ

こんにちは。ボスコです

いつも雀に倉庫を襲撃されています。現在も数十匹の雀に家を監視されています。
丸々して美味しそうではなく、可愛いものです。
夏は居ないので、冬限定の訪問客です。


今回紹介するのは、白ミニきゅうりです。
果肉も表皮も真っ白な可愛いミニきゅうりです。味は普通のきゅうりです。
なかなか我が家では栽培がうまくいかず、今では作らなくなった品種です。屋外で栽培をするため、病気にかかってしまったのが原因です。白い色の野菜は傷が付くと目立つので、なかなか育てる気になりません。

IMG_6281


興味のある方は是非どうぞ。

【FRANCHI社】【37/32】白ミニキュウリ 【郵送対応】

価格:514円
(2016/2/8 12:48時点)



ボスコ

こんにちは。ボスコです。

外では両親が一所懸命農作業をしています。そろそろ、冬野菜を片付けて次を植える準備をしないといけない時期ですからね。
親不孝な娘は、ストーブを背にせっせとブログ更新をしています。

今回紹介するのは、レモンキュウリです。
レモンキュウリは、私が初めて自分で一から育てた思い出の品種です。もう、8年前のことですかね・・・
購入場所は、国華園という種を販売しているところでした。
今みたいにネットが一般的ではなく、西洋野菜がメジャーではなかった時期偶然見つけて栽培をしたのは、きっと変わった野菜と縁があったんでしょうね。
あれから8年。どっぷり野菜づくりに進んでいます。


このレモンきゅうりは、見た目がレモンによく似ています。表皮は明るいレモンイエロー。大きさもレモンくらいのサイズです。
味は、きゅうりと変わらないので同じように使ってください、でも、やっぱり皮の色が可愛いので、皮の面積が多く残る切り方をおすすめします。


IMG_4712

ウエストインディアガーキンと並べるとおしゃれな感じになります。

かろうじて、一枚だけあった写真。記憶にないけどここ数年に作っているみたい・・・・


興味のある方は是非どうぞ。

【世界の果菜】レモンきゅうり/小袋

価格:562円
(2016/2/8 11:55時点)
感想(6件)



ボスコ

こんにちは。ボスコです。

昨日ハウス内でクンタンを作ってみました。今朝、ハウスの中は煙だらけで入れたものではありません。
火を消すための水も、ホースが凍っているため使えません。
これでハウス内の虫がいなくなってくれたらいいなぁと期待しています。去年は夏野菜の苗を栽培中に随分と被害に遭いましたからね。


今回紹介するのは、ピッコロきゅうりです。
ピクルス向けのミニキュウリ。もちろん生食もいけます。
栽培方法は普通のキュウリと変わりませんが、1日収穫が遅れるだけであっという間に大きくなります。
長さがない分、横に太ると不格好になるのが難点です。

中央の短いのがピッコロきゅうり。右端が普通のきゅうり。


IMG_7243



市販されているキュウリのピクルスみたいな、丸ごとを作ってみたい方はお勧めです。

興味のある方はぜひどうぞ。

HORTUS イタリア野菜の種 キュウリ(ミニキュウリ)・ピッコロ Art.1511 家庭菜園 関東当日便

価格:590円
(2016/2/8 09:41時点)



ボスコ

こんにちは。ボスコです。

毎日、猫に布団を占拠され片隅で寝ています。おかげで体のあちこちが痛いです。
まあ、ネズミや雀やモグラなどを獲ってくれる働き者なので、文句は言えませんがね・・・
ただ、今の時期ビニールトンネルの中で寝るのはやめてください。野菜が折れてしまいます。


今回紹介するのは、ウエストインディアガーキンです。
ガーキンということはキュウリです。メキシカンサワーガーキンとは、うって変わりトゲトゲを身にまとったイカツイやつです。触るとトゲが刺さりそうで心配になりますが、意外と見た目ほど怖くはありませんよ。

ピクルス向きのきゅうりですが、実際くし切りにしてバーニャカウダーで提供をされるお店がありました。
きゅうりのトゲトゲは新鮮さの証です。少し時間を置くと、鋭いトゲも丸いトゲになるので口の中は痛くなりません。

このウエストインディアガーキンは、なかなか我が家では栽培がうまくいきません。収穫量が上がらないんですよね。病気になりやすいのか、支柱の立て方が悪く蒸れてしまうのか・・・
蔓や葉にも刺があるので、収穫時は気をつけてくださいね。



IMG_6169



IMG_1208

ぜひ興味のある方はどうぞ。



ボスコ



このページのトップヘ